人材育成プランを作るための5つの重要なステップ

ビ ジネスの核となるゴールの達成、及びオペレーションにおける技術的な全ての面についての効率性と有効性を作り出すことにおいて、人事部は重要な推進力で す。ビジネスプランや戦略的ビジョンを持つことが重要であるのと同様に、人材育成プランも必要です。良いプランは、従業員がビジネス戦略を実行するための 準備を整えさせ、ゴールを徹底的に達成させるにあたって非常に大きな役割を果たします。全てのビジネスにとって、現在の従業員を育てつつ、将来必要になる 人材を待ち受けることは非常に重要です。では、実行可能な人材育成プランを作るためのステップとは何なのでしょう?

人材育成

戦力である従業員全体を評価する

戦 略的な人材育成プランのための第一ステップは、現在の従業員のスキルセット、知識レベルや実力を特定することです。彼ら個人の強み、資格、学歴、能力や追 加のトレーニングなど、細かく観察する必要があります。彼らはあなたのビジネスにとって利益となる才能を持っていますか?従業員の情報、業務成績、継続的 な学習意欲、キャリアの成長や肩書などといったことを追うことのできるインタラクティブなシステムを配置するのもいい考えかもしれません。

効果的な人材開発プランの作成

必 要条件を満たす従業員がいるということと、結果を出す勝ち組な従業員達をしたがえていることとは別物です。どのようにして、従業員達をイノベーティブ・シ ンカーやプロブレム・ソルバー、又は素晴らしいコミュニケーターや業界のエキスパートへと成長させることができるのでしょう?それは、適切なスキル・ベー スのトレーニングを提供することによって可能です。彼らの様々な経験や能力を見極め、彼らの目的を達成させる手助けとなるアクションプランを組み立てま しょう。会計担当部署のためにはファイナンシャルプランナー講座といったように、特定のトレーニングプログラムを提供することが役立つでしょう。人材育成 プランは職場環境に合ったものであるべきです。

引き継ぎ計画を準備しておく

人材育成プランにおいて、変化は避けられないものです。引き継ぎ・事業継承計画を立てておくことが、混乱を防ぐ手助けとなるでしょう。部署の再編成をしているのであれ、エグゼクティブ・チームに変遷があるのであれ、準備が整えておくべきです。まずは、 あ なたのビジネスにおける重要なポジションと、万が一従業員が退職した時に直ちに役割を想定できるよう、現在の従業員の必須スキルを特定することから始めま しょう。あなたのビジネス・カルチャーによって、サクセス・プランは裏舞台で計画することもできれば、従業員を直接取り込んで作成することもできます。

ギャップ分析を実行する

ギャッ プ分析は、あなたのビジネスが現在持っているリソースと将来必要になるリソースとを特定するのに役立ちます。人事インフラ及び慣例を査定し、あなたの会社 に足りていない部分が何なのかを特定しましょう。例えば、5年前に取り入れられたビジネスの慣例は、今日のニーズに見合ってないかもしれません。管理会計 の導入や月次決算といったタスクのために、パフォーマンス・レビュー、職務評価、育成プログラムや部署内人事査定といった新しい慣例を取り入れ始めてみま しょう。

将来に向けたリソースの拡張計画

あ なたのビジネスや会社が成長するにつれ、人材ニーズも成長します。従業員や事業のニーズを評価した後、自分自身に幾つか質問をしてみてください。十分な従 業員が揃っていますか?彼らは、競争を勝ち抜きビジネスのゴールを達成するために必要なノウハウやスキルを持っていますか?こういった情報は、どんな職務 がカバーされるべきで、どんなタイプの従業員がベストフィットするかといったことを知るための手助けとなります。そこから、企業内での昇進を行ったり、外 部から新しい人材をリクルートしたりすることが出来るのです。

終わりに

人材育成プランとは、進行形のものであるということを忘れないで下さい。戦略を定期的に見直し、事業が変化するにつれて更新していくことが重要です。

Leave a Comment